新宿区に住もう

筆者は長年関西に住んでおり、東京の地名には全く詳しくないのですが、それでも「新宿区」といえば、東京23区のなかにある繁華なエリアだと言う事は知っています。さまざまな商業施設が林立し、週末だけではなく、平日も、そして夜遅くでも多くの人々で賑うエリア、新宿区。そんな場所ですから、新宿区に住もうという人は特別な、例えばIT長者であるとか、「業界人」であるとか勝手に想像していましたが、どうやら違うようです。
まず新宿区は、圧倒的なアクセスの利便性があります。JRだけではなく、東京メトロ丸の内線・副都心線、都営地下鉄大江戸線・新宿線、小田急線、京王線、西武新宿線など数多くの鉄道が新宿駅に集合しており、各都心への移動にストレスを感じることはありません。つまり、都内の各オフィスエリアへの通勤も容易なため、新宿に住んで通勤している方も少なく内容です。その利便性を考えると、ビジネスマンこそ新宿区に住もうと考えるかもしれませんね。

家族で親と同居して

では、新宿区に住もうというのはビジネスマンだけでしょうか?
実は、近代的な街並みが印象的な新宿区ですが、一方で心落ち着くエリアも存在します。新宿御苑、中央公園といった歴史を感じるスポットは駅前とは全く違う新宿を見ることができるため、観光地としても知られているのです。緑あふれるエリア内で休日にはお住まいの方が家族で散歩したり、ペットを連れたりしている姿も目立ちます。
そんな風に住環境としての注目度が高まるにつれて、新宿区の行政サービスも充実していきました。現在は住む人が恩恵を受けられるサービスが数多く揃っています。中でも「子ども医療費助成」「就学援助」「認証保育所保育料助成」といった家庭向けのサービスは、育児・教育を強力にサポートしてくれる存在です。
一方で、在宅サービスの費用援助や「家族介護慰労金」といった高齢者介護サポートも充実しています。そのため、高齢になった親との生活環境として新宿区に住もうという方もいるようです。